Scrolos FUI バージョン2.3について

3,4年放置してましたがScrolos FUIのバージョン2.3(2.2なんてなかった)の公開を6月20日ごろに行いたいと思います。
今回の変更点は以下のとおりです。
・Scrolos OSのシステムファイル修復ウィザードの追加
 今までは強制終了などでシステムファイルに異常があった際にはCUIの画面で修復していましたが、
 今回のウィザードの追加により即時修復が可能になりました。
・Old Scrolos Appの追加 
 バージョン1.7くらいのころのScrolos OSをアプリケーションで追加。
 ただし、まだ開発段階なので実行できるコマンドは少ないと思います。
・アップデート通知の追加
 オンラインアップデートができるわけではなく、アップデートがあった場合の通知を今回は追加しました。
・起動時の最大化に対応
 今までは起動時は常に一定大きさのウィンドウでスタートしていましたが、このバージョンからは起動時に最大化できる機能を追加しました。
・シリアルナンバーの追加
 今回からシリアルナンバーが追加されます。これにより、シリアルナンバーなしでは起動できなくなりました。
 今回からは以下のようなページにアクセスしてシリアルナンバーとナンバーキーを取得する仕様にしました。
 (このページで取得するナンバーキーは実際には使用できません。)
とこんな感じで機能の追加を行いました。
主にシリアルナンバー制を採用したのが今回のアップデートの目玉になります。
ただ、シリアルナンバーといっても個人が特定できるわけではなく、
あくまでもScrolos OSの簡易認証として使用しているだけです。
なので認証時に使用しているアルゴリズムも非常に簡単なものを利用しています。
(分かる人が見るとMYシリアルナンバー発行できちゃいます。)
あと、シリアルナンバーには年月日と時間を使用しているので同じタイミングで取得ボタンを押すと同じシリアルナンバーとナンバーキーが発行されます。
ですが、仕様なので気にしないでください。
簡易認証程度なのでそこまで厳密に作る気もありません。
長くなりましたが以上です。

モビル・アスラン

モビル・アスランのホームページの管理人でかつ、 Yahoo! ブログ時代からのブログ管理人です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする